TEL : 0120-966-544(申請専用)※受付:10時〜17時(月〜金)

資料請求 お問い合わせ

子どもたちの
未来のために。

資料請求

これまで最大でトータル45万円の給付を
受けた方もいらっしゃいます。

基本給付内容

甲状腺がんと
診断された方

10万円

再発・転移等に
よる
再手術を
受けた方

10万円

アイソトープ
治療を
受けた方

10万円

これまで最大でトータル45万円の給付を
受けた方もいらっしゃいます。

3・11甲状腺がん子ども基金 ロゴイメージ

3・11 甲状腺がん子ども基金手のひらサポートとは?

東京電力福島第一原発事故以降に
甲状腺がんと診断された、
事故当時18歳以下の方に
療養費を給付しています。

資料請求 お電話でのお問い合わせ

TEL : 0120-966-544 (申請専用) ※受付:10時〜17時(月〜金)

療養費給付対象者は?

甲状腺がんと診断された方のうち、
原発事故当時(2011年3月)18歳以下で下記の1都15県に居住されていた方

対象の都県

対象の都県 地図
  • 秋田県
  • 岩手県
  • 山形県
  • 宮城県
  • 福島県
  • 茨城県
  • 栃木県
  • 群馬県
  • 埼玉県
  • 千葉県
  • 東京都
  • 神奈川県
  • 新潟県
  • 長野県
  • 山梨県
  • 静岡県

給付内容は?

基本給付内容

甲状腺がんと
診断された方

10万円

再発・転移等に
よる
再手術を
受けた方

10万円

アイソトープ
治療を
受けた方

10万円

この他、事情に応じた追加給付や
通院交通費の助成もおこなっています。

給付実績

給付実績 地図 給付実績 地図

手のひらサポートの給付を受けた方

福島県101人 その他52人 計153人 福島県101人 その他52人 計153人

2019年7月現在

お申し込み〜給付の流れ

申請者の方がすること
3・11甲状腺がん子ども基金がすること
資料請求

資料請求

ホームページまたはお電話で
資料を請求してください。

資料の郵送

資料の郵送

資料をお手元にお送りいたします。

申請書作成

申請書作成

申請書に記入・必要書類を添付し、
郵送にてお申し込みください。

給付の決定

給付の決定

申請書の確認後、「給付決定の
お知らせ」をお送りいたします。

受給確認書を返送

受給確認書を返送

「受給確認書」にサインをし、
返送してください。

療養費の振り込み

療養費の振り込み

療養費をお振り込みいたします。

振り込みの確認

振り込みの確認

ご自身のお口座にて振込を
ご確認ください。

資料請求 お電話でのお問い合わせ

TEL : 0120-966-544 (申請専用) ※受付:10時〜17時(月〜金)

一人ひとりの未来に、
私たちでできるサポートを

2011年3月、東京電力福島第一原子力発電所の
事故により放射性物質が放出されました。

  • 甲状腺イメージ 甲状腺イメージ

    チェルノブイリ原発事故で子どもの甲状腺がんが増えた経験から、
    福島県では、子どもたちの甲状腺の状態を把握し、
    健康を長期的に見守ることを目的に、
    事故当時18歳以下で福島県にいた38万人を対象に
    甲状腺検査がおこなわれています。

  • 甲状腺がんイメージ 甲状腺がんイメージ

    これまで福島県県民健康調査で
    甲状腺がんと診断された人は、
    200人を超えています。

  • 放射性ヨウ素拡散シミュレーション図 放射性ヨウ素拡散シミュレーション図

    3・11甲状腺がん子ども基金は、
    国の研究機関が発表した
    放射性ヨウ素拡散シミュレーション図に基づいて

  • >3・11甲状腺がん子ども基金ロゴイメージ >3・11甲状腺がん子ども基金ロゴイメージ

    福島県を含む1都15県で甲状腺がんと診断された人に
    療養費を給付しているほか、
    1人ひとりの不安や悩みにこたえられる
    サポートをめざし、活動しています。

利用者の声

  • 女性・22歳 アイコン

    女性・22歳

    入院だけでなく、準備などにもたくさんお金がかかって、親にたくさん迷惑をかけてしまったと思い、申し訳ない気持ちでいっぱいでした。病院で支援していただけるところがあると知り、本当に助かりました。家族全員感謝でいっぱいです。助けていただき本当にありがとうございました。自分もこれからたくさんの人を助けていけるように寄付していきたいと考えております。

  • 女性・21歳 アイコン

    女性・21歳

    今回は3・11甲状腺がん子ども基金のおかげで、治療費の負担が軽減されました。私はまだ学生なので決まった時間のアルバイトしかできず、経済面での心配が一番大きかったのですが、このようなサポートのおかげで少し余裕がもてました。本当にありがとうございました。

  • 男性・20歳 アイコン

    男性・20歳

    この支援があると知った時、私は自分達(甲状腺がんの人)を助けようとしてくれる人達がいるとわかりとても嬉しかったです。これからもこのような支援を続けてくれればありがたいです。

  • 女性・21歳 アイコン

    女性・21歳

    ようやく手術をして1年が経ちました。現在は、食事制限をしており、つらい時もありますが、目立たなくなってきた傷と共に前向きに生きていこうと思います。この病気でたくさんの方々とかかわり、思いやりの心を学びました。たくさんの方々に感謝します。ありがとうございました。

  • 女性・25歳 アイコン

    女性・25歳

    助けていただいてありがとうございます。他にも私のように助かったと思っている方々がたくさんいると思います。本当に感謝をしています。感謝を忘れずに不安に負けずに頑張ります。
    他の患者さんへ ― 病気になってしまい今現在の情況、未来が不安だと思います。10代で私も病気になったのでまだまだ“不安”は消えないです。一緒に“将来の不安”に負けずに頑張りましょう。一生に一度の人生、楽しみましょう。

  • 女性・24歳 アイコン

    女性・24歳

    甲状腺がんになってとてもショックでしたが、知人がこの3・11甲状腺がん子ども基金をネットで探して教えてくれて知りました。病気になって不安な毎日で生活面でも不安なことだらけでしたが、今回こちらから給付金がいただけるとのことで、とても助かりました。病気になってから周りの人たちの優しさやありがたみをとても実感しています。
    これから手術を頑張りたいと思います。甲状腺がんになった人たちにとってとても助かる制度だと思います。ありがとうございました。

  • 女性・18歳 アイコン

    女性・18歳

    私と同じように、若い年齢でこの病気になってしまった方々。診断された時は目の前が真っ暗になって、ショックでたまらないと思います。その不安や悲しさも、なかなか表向きには出せずに、自分の中で閉じ込めてしまったりもしちゃうかもしれないです。だから余計に不安が大きくなると思います。
    でも大丈夫です。絶対に支えてくれる人がいます。そして、現に、私は今、普通という名の素晴らしい生活をしています。笑顔が一番のポイントです! でも辛い時や苦しい時に、無理して笑顔でいるのはもっと苦しいから、そういう時は、周りに頼ってください。一緒に頑張っていきましょう。

みなさまの支援を
お待ちしております

NPO法人 3・11甲状腺がん子ども基金では、
福島原発事故以降に甲状腺がんと診断された子どもたちを
支援するために、広くご寄付を募っています。
療養費給付事業「手のひらサポート」をはじめ
情報を届ける、相談を受ける、などの事業は、
すべて皆さまの寄付金に支えられています。
1人でも多くの子どもを支援するために、ぜひご協力ください。

支援について詳しく見る

NPO法人
3・11甲状腺がん子ども基金

〒160-0003 
東京都新宿区四谷本塩町4番15号
新井ビル3階
tel:03-5369-6630 
tel:0120-966-544(申請専用)
※受付時間:10時〜17時(月〜金)