3・11甲状腺がん子ども基金3・11甲状腺がん子ども基金

呼びかけ

森友嵐士 もりともあらし

T-BOLAN

誰もが思う答えはたった一つ。誰のせいか?を議論しなきゃいけない方々と費やす時間はありません。
目に見えない力によって一番小さな命が犠牲になっている今、 僕たち大人たちは何をすべきなのか。
僕たちの思いと力をあわせて、子供たちを守りましょう。
僕たちの未来と子供たちの笑顔のために

 2016.10.04