3・11甲状腺がん子ども基金3・11甲状腺がん子ども基金

 「手のひらサポート」第2期募集要項へ

ご挨拶

 3.11以降、報告数が増えている小児甲状腺がん。告知された子どもと家族は孤立し、診察や通院費用などで経済的に困窮しがちです。進学、就職、結婚、出産などで壁にぶつかる子もいれば、再発や転移により、一生、治療と向き合うようなケースも出ています。私たちは、経済的支援はもちろん、多様かつ継続的に甲状腺がんの子どもたちを支援するとともに、原発事故による健康影響の状況調査等も視野に入れて取り組みます。

代表理事 崎山比早子の写真

代表理事
崎山比早子

「手のひらサポート」資料請求

0120-966-544 (通話無料電話)

呼びかけ

  • 鎌仲ひとみ
    映画監督

    チェルノブイリで唯一原発事故の影響と認められた小児甲状腺ガン。日本では未だ因果関係を認めていません。 包括的な救済が必要です。医療だけではなく社会的なサポートが必須です。ぜひ多くの方々にご支援いた・・・ ( 2016.9.14 )

    続きを読む

  • 湯川れいこ
    音楽評論家・作詞家

    まだ放射能の被害など解らないことだらけだけれど、子どもの成長は待った無しです。 子どもたちの未来こそが、国の未来、人類の未来です。 まず自分たちの手と力で、出来ることからお手伝いしていきたいと思っ・・・ ( 2016.9.14 )

    続きを読む

  • 森友嵐士
    T-BOLAN

    誰もが思う答えはたった一つ。誰のせいか?を議論しなきゃいけない方々と費やす時間はありません。 目に見えない力によって一番小さな命が犠牲になっている今、 僕たち大人たちは何をすべきなのか。 僕たちの・・・ ( 2016.10.4 )

    続きを読む

  • 上野千鶴子
    社会学者 

    3.11の後、小さな子どもさんを持った親御さんたちは、どんなに不安だったことでしょう。 小さな子どもたち自身も、どれほど不安のなかを生きていることでしょう。 ごめんね、ごめんね、ふがいない大人たち・・・ ( 2016.10.4 )

    続きを読む

  • ピーターバラカン
    ブロードキャスター

    国民の安全を二の次にしてしまう政府に何かを期待するよりまず民間でことを進める以外ない。一人ひとりの子どもをできるだけ助けること、そして再びタブーになりつつある原子力発電の危険について多くの人に知っても・・・ ( 2016.9.14 )

    続きを読む

  • 落合恵子
    作家

    子どもは、わたしたち大人の、そして社会の未来形の希望であるはずだ。 あの日から5年と6か月がたとうとしている現在、どれほどの福島の子どもたちやご家族が、未来を前に立ちすくんでいるころか。 憲法25・・・ ( 2016.9.14 )

    続きを読む