3・11甲状腺がん子ども基金3・11甲状腺がん子ども基金

呼びかけ

  • 舩橋淳
    映画作家

    東京オリンピックが巨大な忘却装置になってしまわないためにも 自分たちの使った電力が生んだ"毒"の後片付けと、無実の被害者である子供たちへのケアに全力を傾けたい。   目を逸らすべきではない現実に・・・ ( 2016.9.15 )

    続きを読む

  • 守田敏也
    フリーライター

    子どもたちの甲状腺がんの多発は間違いなく福島原発事故のせいです。被害は福島を越えてより広域に広がっている可能性が高い。大人にもです。もはや猶予はありません。命を守るために共に行動しましょう! ( 2016.9.14 )

    続きを読む

  • 落合恵子
    作家

    子どもは、わたしたち大人の、そして社会の未来形の希望であるはずだ。 あの日から5年と6か月がたとうとしている現在、どれほどの福島の子どもたちやご家族が、未来を前に立ちすくんでいるころか。 憲法25・・・ ( 2016.9.14 )

    続きを読む

  • 水戸喜世子
    「子ども脱被ばく裁判」を支える会・西日本

    貧しさゆえに、親がわが子を泣く泣く売った時代はあった。 無知と無関心と日常の欲望にかまけて、わが子から成長ホルモンを作り続けてくれる「甲状腺」を メスで無惨に切り取ってしまう親がこれまでの時代に存在・・・ ( 2016.9.14 )

    続きを読む

  • 海南友子
    映画監督

    偉い人が誰も責任をとらないまま、たくさんの子供たちが傷ついている。原発を見ないふりしてきたわたし・たちには声を上げる責任がある。 一人の母として、人間として。  ( 2016.9.14 )

    続きを読む

  • 前田佳子
    公益社団法人 日本女医会 会長

    2011年3月11日金曜日の午後、都内の職場のビルが大きく揺れ、壁にヒビが入り、電車が止まって帰れなかったあの日、福島ではチェルノブイリより甚大な事故がおこっていました。テレビの向こうで崩れゆく原発の・・・ ( 2017.7.18 )

    続きを読む

あ行

か行

さ行

た行

な行

は行

ま行

や行

ら行

わ行