3・11甲状腺がん子ども基金3・11甲状腺がん子ども基金

呼びかけ

  • female-user

    福武公子
    弁護士・原発被害救済千葉県弁護団

    政府は2017年3月には帰還困難区域を除いて避難指示を解除し、その1年後には補償を打ち切る「帰還促進政策」を進めています。線引きの基準は年20ミリシーベルト。事故後6年でもこの高さ!! 親は子どもの健・・・ ( 2016.9.14 )

    続きを読む

  • 坂上香
    ドキュメンタリ―映像作家

    原発をめぐるお粗末な国の姿勢に幻滅し続けている人は多いと思います。私もその一人です。しかし、声をあげなければ、動かなければ、何も変わりません。小児甲状腺がんは患者が子どもであるため、当事者が声をあげた・・・ ( 2016.9.14 )

    続きを読む

  • 中村敦夫
    俳優、作家、朗読劇『線量計が鳴る』全国にて上演中

    ひとにぎりの強欲集団の利益のため、 ついに原発事故まで起きた。 多くの子どもたちが、 今や甲状腺ガンで苦しんでいる。 小さなことでいい。 できる範囲でいい。 どうか、子どもたちに、 寄り・・・ ( 2016.10.23 )

    続きを読む

  • 添田孝史
    ジャーナリスト

    東京電力福島第一原発事故は、津波が十数年前から予測されていたのに、東電や政府が対策を怠って引き起こした人災です。彼らが健康被害をあいまいにしたり、支援をさぼったりしている状況を見過ごすわけにはいきませ・・・ ( 2016.9.14 )

    続きを読む

  • 海南友子
    映画監督

    偉い人が誰も責任をとらないまま、たくさんの子供たちが傷ついている。原発を見ないふりしてきたわたし・たちには声を上げる責任がある。 一人の母として、人間として。  ( 2016.9.14 )

    続きを読む

  • 星川淳
    作家・翻訳家、一般社団法人アクト・ビヨンド・トラスト代表理事

    東電1F事故は、日本の公共政策が、子どもたちを集団疎開させた戦中より後退していることを露呈した。避難や保養を含め実効性ある被ばく防護は、破綻状態の旧ソ連当事国のほうが真剣だった。可能な一歩、一手を重ね・・・ ( 2016.9.14 )

    続きを読む

あ行

か行

さ行

た行

な行

は行

ま行

や行

ら行

わ行