3・11甲状腺がん子ども基金3・11甲状腺がん子ども基金

呼びかけ

  • 香山 リカ
    精神科医 

     原発事故で飛散された放射線による子どもの甲状腺への影響が懸念されています。 そして、検査によって甲状腺がんなどの異常が見つかり、手術などの治療やフォローアップを受けている子どもが実際にいます。 ・・・ ( 2016.11.3 )

    続きを読む

  • 片岡輝美
    会津放射能情報センター、子ども脱被ばく裁判共同代表

    いのちを守り育むためには、事実を知る力と真実を見抜く力、そして本当に重要なことを見分ける力が必要です。しかし、これはひとりではできないこと。多くの心と知恵と思いを重ね、いのちを守る行動を起こしましょう・・・ ( 2016.9.14 )

    続きを読む

  • 前田佳子
    公益社団法人 日本女医会 会長

    2011年3月11日金曜日の午後、都内の職場のビルが大きく揺れ、壁にヒビが入り、電車が止まって帰れなかったあの日、福島ではチェルノブイリより甚大な事故がおこっていました。テレビの向こうで崩れゆく原発の・・・ ( 2017.7.18 )

    続きを読む

  • 中村隆市
    放射能から子どもを守る企業と市民のネットワーク代表

    原発事故のあと、福島県の小児甲状腺がんが「数十倍」に増え、手術を受けた子どもの70%以上が、リンパ節に転移しており、肺への転移や再発なども報告されています。 この問題は、国民皆で考えるべき問題だと・・・ ( 2016.9.14 )

    続きを読む

  • 水戸喜世子
    「子ども脱被ばく裁判」を支える会・西日本

    貧しさゆえに、親がわが子を泣く泣く売った時代はあった。 無知と無関心と日常の欲望にかまけて、わが子から成長ホルモンを作り続けてくれる「甲状腺」を メスで無惨に切り取ってしまう親がこれまでの時代に存在・・・ ( 2016.9.14 )

    続きを読む

  • 井戸謙一
    弁護士

    100万人中、年1~2人しか発生しないはずの小児甲状腺がんが福島県だけで172人も確認されています。この子たちのがんの原因は90パーセント以上の確率で被ばくであり、その損害は、国や東京電力によって手厚・・・ ( 2016.9.14 )

    続きを読む

あ行

か行

さ行

た行

な行

は行

ま行

や行

ら行

わ行