3・11甲状腺がん子ども基金3・11甲状腺がん子ども基金

呼びかけ

  • 中村敦夫
    俳優、作家、朗読劇『線量計が鳴る』全国にて上演中

    ひとにぎりの強欲集団の利益のため、 ついに原発事故まで起きた。 多くの子どもたちが、 今や甲状腺ガンで苦しんでいる。 小さなことでいい。 できる範囲でいい。 どうか、子どもたちに、 寄り・・・ ( 2016.10.23 )

    続きを読む

  • 坂上香
    ドキュメンタリ―映像作家

    原発をめぐるお粗末な国の姿勢に幻滅し続けている人は多いと思います。私もその一人です。しかし、声をあげなければ、動かなければ、何も変わりません。小児甲状腺がんは患者が子どもであるため、当事者が声をあげた・・・ ( 2016.9.14 )

    続きを読む

  • 星川淳
    作家・翻訳家、一般社団法人アクト・ビヨンド・トラスト代表理事

    東電1F事故は、日本の公共政策が、子どもたちを集団疎開させた戦中より後退していることを露呈した。避難や保養を含め実効性ある被ばく防護は、破綻状態の旧ソ連当事国のほうが真剣だった。可能な一歩、一手を重ね・・・ ( 2016.9.14 )

    続きを読む

  • 千葉親子
    元会津坂下町議会議員

    放射能被害の根源は、健康被害からです。避難をするのも、故郷を追われ、戻る事もできないのも、命と直結する農林漁業も営まれなくなる事もみんな健康が脅かされるからです。小さい子どもほど放射能の影響は受け易く・・・ ( 2016.9.14 )

    続きを読む

  • 小沢牧子
    臨床心理学者

    小さな身体に原発災害を被ってしまった子どもたちに謝りたい。あの時までうかつにも無自覚に、原発を許してきてしまったひとりのおとなとして。いま、被災しその影響を大きく受けた親子のかたがたへの支援活動に連な・・・ ( 2016.9.14 )

    続きを読む

  • 香山 リカ
    精神科医 

     原発事故で飛散された放射線による子どもの甲状腺への影響が懸念されています。 そして、検査によって甲状腺がんなどの異常が見つかり、手術などの治療やフォローアップを受けている子どもが実際にいます。 ・・・ ( 2016.11.3 )

    続きを読む

あ行

か行

さ行

た行

な行

は行

ま行

や行

ら行

わ行