3・11甲状腺がん子ども基金3・11甲状腺がん子ども基金

呼びかけ

  • 井戸謙一
    弁護士

    100万人中、年1~2人しか発生しないはずの小児甲状腺がんが福島県だけで172人も確認されています。この子たちのがんの原因は90パーセント以上の確率で被ばくであり、その損害は、国や東京電力によって手厚・・・ ( 2016.9.14 )

    続きを読む

  • 大脇雅子
    弁護士

    甲状腺がんの子どもたちの支援と東電福島原発事故における住民の健康被害状況の調査は、原発の仕事に従事する労働者の状況改善とともに最も根源的、かつ緊急の課題だと思います。人が人として生きるための連帯として・・・ ( 2016.9.14 )

    続きを読む

  • 広河隆一
    フォトジャーナリスト、DAYS被災児童支援募金代表

    私はチェルノブイリ子ども基金の代表だった時期に、千人以上の甲状腺がんの子どもたちの支援をしてきました。特別な保養プログラム、家族への支援、定期的な検査体制、甲状腺専門医や心のケアの必要、そして家族を支・・・ ( 2016.9.14 )

    続きを読む

  • 坂上香
    ドキュメンタリ―映像作家

    原発をめぐるお粗末な国の姿勢に幻滅し続けている人は多いと思います。私もその一人です。しかし、声をあげなければ、動かなければ、何も変わりません。小児甲状腺がんは患者が子どもであるため、当事者が声をあげた・・・ ( 2016.9.14 )

    続きを読む

  • 永田浩三
    武蔵大学

    これまでも被ばくの被害者は何重にも苦しんできました。ご自身の心身への影響だけでなく、社会的な無理解や誤解、そして差別。そうしたことを福島でこれ以上拡大させてはなりません。どうか基金へのご支援をお願いい・・・ ( 2016.9.14 )

    続きを読む

  • 神田香織
    講談師

    《「家族会」に続き「子ども基金」が設立。 突然理不尽な目にあわされた子どもさん達、 自分を責め続けている親御さん達、そして私たち応援団にとっても大きな大きな第一歩です。 繋がれば力に!》 ( 2016.9.14 )

    続きを読む

あ行

か行

さ行

た行

な行

は行

ま行

や行

ら行

わ行