3・11甲状腺がん子ども基金3・11甲状腺がん子ども基金

呼びかけ

  • 井戸謙一
    弁護士

    100万人中、年1~2人しか発生しないはずの小児甲状腺がんが福島県だけで172人も確認されています。この子たちのがんの原因は90パーセント以上の確率で被ばくであり、その損害は、国や東京電力によって手厚・・・ ( 2016.9.14 )

    続きを読む

  • 森まゆみ
    作家、エッセイスト

    宮城県丸森町が先祖の土地である私は、福島県はもちろんですが、宮城県南部で暮らす子どもの健康が心配です。すべての子どもはどんな理由でも死んじゃいけない人たちです ( 2016.9.14 )

    続きを読む

  • 落合恵子
    作家

    子どもは、わたしたち大人の、そして社会の未来形の希望であるはずだ。 あの日から5年と6か月がたとうとしている現在、どれほどの福島の子どもたちやご家族が、未来を前に立ちすくんでいるころか。 憲法25・・・ ( 2016.9.14 )

    続きを読む

  • 綿井健陽
    ジャーナリスト

    この甲状腺がんを、『想定外』とは誰にも言わせない ( 2016.9.14 )

    続きを読む

  • 岩上安身
    ジャーナリスト・IWJ代表

    福島の子どもの甲状腺がんの多発は、福島原発事故に由来するものであると考えるのが妥当です。少なくとも、その仮定に立った真剣な検討が行われなければならないでしょう。本来であれば、国は責任を受けとめ、せめて・・・ ( 2016.9.14 )

    続きを読む

  • 水戸喜世子
    「子ども脱被ばく裁判」を支える会・西日本

    貧しさゆえに、親がわが子を泣く泣く売った時代はあった。 無知と無関心と日常の欲望にかまけて、わが子から成長ホルモンを作り続けてくれる「甲状腺」を メスで無惨に切り取ってしまう親がこれまでの時代に存在・・・ ( 2016.9.14 )

    続きを読む

あ行

か行

さ行

た行

な行

は行

ま行

や行

ら行

わ行