3・11甲状腺がん子ども基金3・11甲状腺がん子ども基金

呼びかけ

  • 小沢牧子
    臨床心理学者

    小さな身体に原発災害を被ってしまった子どもたちに謝りたい。あの時までうかつにも無自覚に、原発を許してきてしまったひとりのおとなとして。いま、被災しその影響を大きく受けた親子のかたがたへの支援活動に連な・・・ ( 2016.9.14 )

    続きを読む

  • 上野千鶴子
    社会学者 

    3.11の後、小さな子どもさんを持った親御さんたちは、どんなに不安だったことでしょう。 小さな子どもたち自身も、どれほど不安のなかを生きていることでしょう。 ごめんね、ごめんね、ふがいない大人たち・・・ ( 2016.10.4 )

    続きを読む

  • 井戸謙一
    弁護士

    100万人中、年1~2人しか発生しないはずの小児甲状腺がんが福島県だけで172人も確認されています。この子たちのがんの原因は90パーセント以上の確率で被ばくであり、その損害は、国や東京電力によって手厚・・・ ( 2016.9.14 )

    続きを読む

  • 片岡輝美
    会津放射能情報センター、子ども脱被ばく裁判共同代表

    いのちを守り育むためには、事実を知る力と真実を見抜く力、そして本当に重要なことを見分ける力が必要です。しかし、これはひとりではできないこと。多くの心と知恵と思いを重ね、いのちを守る行動を起こしましょう・・・ ( 2016.9.14 )

    続きを読む

  • female-user

    福武公子
    弁護士・原発被害救済千葉県弁護団

    政府は2017年3月には帰還困難区域を除いて避難指示を解除し、その1年後には補償を打ち切る「帰還促進政策」を進めています。線引きの基準は年20ミリシーベルト。事故後6年でもこの高さ!! 親は子どもの健・・・ ( 2016.9.14 )

    続きを読む

  • 中村敦夫
    俳優、作家

    ひとにぎりの強欲集団の利益のため、 ついに原発事故まで起きた。 多くの子どもたちが、 今や甲状腺ガンで苦しんでいる。 小さなことでいい。 できる範囲でいい。 どうか、子どもたちに、 寄り・・・ ( 2016.10.23 )

    続きを読む

あ行

か行

さ行

た行

な行

は行

ま行

や行

ら行

わ行