3・11甲状腺がん子ども基金3・11甲状腺がん子ども基金

ニュース

再手術した方への追加給付をはじめました

 2017.9.17

 手のひらサポートの新たなサポートプログラムとして、8月から、甲状腺がんの再手術をした方への追加給付を開始しました。

今回より開始した追加給付は、患者と家族にとって、再手術という、医療費ならびに心身への負担に対して支えることを目的としています。
これまでの申請者の中で、何人かの方が再手術を受けていることから、追加給付を行うこととしました。
すでに「手のひらサポート」の療養費を受給された方で、再発などにより再手術をされた方には、年齢にかかわらず、療養費10万円を追加給付するというものです。

「手のひらサポート」第2期第4回目(8月)は、新規の申請1件、再手術例4件、合計5人の方に給付を決定いたしました。

「手のひらサポート」の対象者は、震災時に1都15県にお住まいで、基金への申請時25歳以下の方です。
※特段の事情を抱えておられる方には、年齢等が対象外であっても、別途相談に応じており、「特例」の制度もあります。

申請に関するお問い合わせは、引き続き0120-966-544(無料通話)で受け付けております。