3・11甲状腺がん子ども基金3・11甲状腺がん子ども基金

ニュース

「手のひらサポート」第2期 第1回の給付をしました

 2017.6.09

 3・11甲状腺がん子ども基金は、甲状腺がんと診断された子どもへ対する療養費給付事業「手のひらサポート」の第2期の申請受付をスタートしており、第2期1回目の審査を行い、新たに8人に給付しました。
 今回は、支給対象年齢を越えていた方から申請があり、審査した結果、決定しました。特例の方も8人の中に含まれています。
(特例の方をのぞく)給付の詳細は、現在16歳から23歳までで、県別では福島県5人、東京都1人、千葉県1人。
福島県の5人の方は「県民健康調査」でがんと診断され、手術をうけていました。
10万円の追加給付(計20万円)を受けるRI治療(アイソトープ治療)をされている患者さんは2名でいずれも県外の方でした。

 支給対象年齢を越えていた方からの申請につきましては、個別の事情についてうかがい、その結果、審査委員会が特例として給付を決定いたしました。今後もこうした個別の事情に対応して、審査を行っていく予定です。

 第1期5回までと合わせると給付人数は89人になりました。
ご寄付をいただきました皆さまには御礼申しあげます。
皆さまには第2期も引き続き、御支援くださいますよう、お願いいたします。

 現在のところ、「手のひらサポート」の基本的な対象範囲や給付金額の変更はありませんが、今後も事情によっては、確認し、個別の審査を経て、特例のカタチで給付を決定する場合もあります。
ぜひご相談ください。